ビーエムスタッフのおすすめ情報

スタッフおすすめ情報

第107回 番外編「今年の解禁日は11月21日(木)~ボジョレーヌーヴォー~」

11月の第3木曜日午前0時

11月の第3木曜日午前0時

この言葉を聞いて「ピン」ときた方は多いのではないでしょうか。
そう、ボジョレーヌーヴォーの解禁日で、今年は11月21日(木)です。

さて、今回のおすすめ情報は、この風物詩ともいえるボジョレーヌーヴォーを特集します。

ボジョレーヌーヴォーとは

ボジョレーヌーヴォーとは

ボジョレーヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)とは、フランス・パリのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯のボジョレー地区で収穫したぶどうをその年のうちに仕立てた新酒のこと。
このボジョレー地区は花崗岩質、石灰粘土層の土壌で、ボジョレーヌーヴォーに使われる黒ぶどう「ガメ種」との相性が非常によい土地なのだそうです。

ヌーヴォーとは「新酒」のこと

ヌーヴォーとは「新酒」のこと

ボジョレー地区で夏に収穫したぶどうを、その年のうちに仕立てた新酒。
それがボジョレー ヌーヴォー。もともと、ぶどうの収穫に感謝し、祝うとともに、その年のぶどうの作柄を確かめるためにつくられたとも言われているそうで、フレッシュでいきいきとしたおいしさが魅力です。

ジョルジュ デュブッフ

ジョルジュ デュブッフ

ボジョレーヌーヴォーが世に知れ渡ったのは第二次世界大戦後のこと。ボジョレーの名醸造家「ジョルジュ デュブッフ」氏の貢献によるものです。
地元の人が空き瓶をぶら下げて買いに来るようなガブ飲みワインだったボジョレーヌーヴォーを研究を重ね世界の愛好家達に認められるまでに向上し、世界に広めました。そんな功績を称え、皆が彼を「ボジョレーの帝王」と呼んでいます。

解禁日の秘密

解禁日の秘密

このボジョレーヌーヴォーの解禁日、いったいどのような理由で決まったのでしょう…。

ボジョレーヌーヴォーが知れ渡るようになった頃、「これは売れる!」と目をつけた業者が、一日でも早く出荷しようと、完全に出来上がっていないにもかかわらず出荷してしまう事態が起きました。
そこでフランス政府はワインの品質を保つため、11月15日を解禁日と設定し、ワインメーカーの足並みを揃えさせました。

しばらくはこの11月15日を解禁日として出荷していたのですが、年によっては土曜日や日曜日となってしまうこともありました。
安息日には働かないお国柄のフランスでは出荷しようにも「休みだから」と運送業者が動いてくれず、解禁日にワインが届いていないことも…。こんな背景から解禁日を見直し、現在の「11月の第3木曜日午前0時」に変更されたのだそうです。

この解禁日は厳格に守られていて、解禁日の午前0時を過ぎるまでは販売することも飲むことも許されていないのです。

ボジョレーヌーヴォーの美味しい飲み方

ボジョレーヌーヴォーの美味しい飲み方

ボジョレー ヌーヴォーは、軽く冷やして飲むのがお勧めで、B&Mでも冷やしたものをお出ししています。
全般的に軽やかな味わいなので、ドリアやミートボール、合鴨のソテー、クリームパスタなどのこってりとしたお料理はもちろん、どんなお料理にもよく合います。もちろんステーキハウスB&Mの美味しいステーキやハンバーグ、そしてB&M151Aのしゃぶしゃぶ&すきやきにもピッタリですよ!

今年の解禁日は11月21日(木)午前0時

ボジョレーヌーヴォー

待ちに待ったボジョレーヌーヴォーの今年の解禁日は11月21日。
面白いことにフランスで作られたワインにも関わらず日付変更線の関係上、日本の方が早く解禁されるんです。なんか、得した気分になりますね。

ステーキハウスB&M各店、そしてB&M151A店で取り扱うボジョレーヌーヴォーは今回ご紹介したボジョレーの帝王「ジョルジュ・デュブッフ」氏のワインです。今年の出来具合も最高…との事だそうです。

各店とも在庫に限りがありますので、ぜひぜひ解禁日にはB&Mにお越し下さい。
解禁日の翌日の22日(金)は「よい夫婦の日」、そして23日(土)は勤労感謝の日とお祝いやパーティー、食事会をされる方もいらっしゃると思います。

ステーキハウスB&Mでは美味しいステーキやハンバーグ、B&M151A店ではこだわりのしゃぶしゃぶとすき焼き、そして私達のおもてなしでボジョレーヌーヴォーをお楽しみ下さい。
ご来店、お待ちしております!

※今回のおすすめ情報作成には、サントリー(株)様ホームページ内の掲載内容を参考及び画像を拝借させて頂きました。
http://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin/

Copyright © B.M CO.,LTD. All Rights Reserved.