ビーエムスタッフのおすすめ情報

スタッフおすすめ情報

第122回 番外編「ステーキハウスB&Mのハンバーグ」

 

ステーキハウスB&MやB&M151A、そしてB&M Delicatessenのさまざまな情報をお届けしている「スタッフおすすめ情報」。今回はステーキハウスB&Mでお出ししているハンバーグステーキについてお届けしたいと思います。

ステーキハウスB&Mのメインメニューとして人気のハンバーグステーキ。そのハンバーグステーキはこだわりのSPF豚肉と厳選した国産牛肉を独自ブレンドしており、お客様からご注文頂いてから焼き上げ、お出ししています。

 

SPF豚肉とは…

SPF豚肉とは…

B&Mで使用しているSPF豚肉。その豚は千葉県の緑豊かな大自然の中で安心・安全に育てられた健康豚「林SPF」という銘柄豚のお肉を使用しています。

SPF豚とは、豚の健康や成長に悪影響を与える特定の病気が存在しない豚のことです。Specific(スペシフィック:特定)・Pathogen(パソージェン:病原体)・Free(フリー:不在)の頭文字をとった略語で、特定病原体不在という意味です。SPF豚は特定病原体を持っていないため、健康でストレスがなく、すくすく育ちます。だから薬剤や抗生物質をあまり使う必要がありません。
そのためSPF豚には豚肉特有の臭みがありません。脂肪も甘みがあり、アクがあまりでないので軽く火を通したしゃぶしゃぶもO.K.です。

●林SPFについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ハンバーグソースは自家製

ハンバーグソースは自家製

ソースのベースとなるのはデミグラスソースです。火加減や灰汁引き、野菜や肉のいため具合、ルーの作り方、余分な油の引き方、そして仕上げた後の漉し方から、保管方法に至るまで、注意しながら店舗にて一週間をかけて作り上げます。
最後の仕上げ時にはB&Mの味になるよう必ずチェックを行います。チェック時に何らかの原因で、納得のいかない仕上がりであれば、すべて廃棄してしまいます。一週間かけた手間も、材料もすべて台無しになってしまいますが、このソースがB&Mの味の原点になっているのですから、それもしかたありません。

●B&Mのソースについて、詳しくはこちらををご覧ください。

それではステーキハウスB&Mでお出ししているハンバーグをご紹介します

 
第122回 番外編「ステーキハウスB&Mのハンバーグ」

ハンバーグステーキはお客様からご注文を頂いてから焼き上げていますのでお出しするまでお時間を頂いております。
また、各店にてパテから形を作っているので店舗によっては薄さ、広さなどの形が異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。

さて、今回のおすすめ情報はいかがでしたか?まだB&Mのハンバーグステーキを食べたことが無いというお客様、また一種類しか食べたことが無いという御客様はぜひお試しいただけたらと思います。
ご来店、お待ちしております。

 

※今回ご紹介しましたメニューは、ステーキハウスB&M大井本店と目黒店、池上店、戸越店で
お出ししているディナーメニューです。蒲田店でも一部メニューをお出ししております。
※付け合せは変更する場合があります。
※セットは別売りです。

Copyright © B.M CO.,LTD. All Rights Reserved.